IOEについて

UCL インスティチュート・オブ・エデュケーション(ロンドン大学)の価値、大望、歴史についてご紹介します。また、インスティチュート・オブ・エデュケーションがどのように運営され、誰が関わっているのかについても言及します。

教育と社会研究における最先端の機関

ロンドン大学の大学院としては、UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションの取引高は2008年に7千万ポンドにまで成長しました。リサーチの記録やサイズ、パートナーシップにより、教育を専門とする世界最高の機関になりました。インスティチュート・オブ・エデュケーションの教授陣や卒業生は、世界中で活躍し、真に世界的な研究を行っています。

感激的伝統

UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションは、教師トレーニングの専門としてロンドン大学に1902年に設立され、現在では世界レベルのリサーチと、教育を行う機関として成長しました。インスティチュート・オブ・エデュケーションの特色ある歴史と現在の使命は、社会正義への献身に根差したものです。私たちは、教育が人生をよりよいものに変えることができると信じています。

歴史

UCL インスティチュート・オブ・エデュケーション(ロンドン大学)は、教師教育とトレーニングと、教育に関する研究を行う、英国内最高の機関として世界的に知られています。その評価は、100年を超える年月をかけて培われてきましたが、この100年の間に、UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションは少なくとも4つの異なる性質を経てきました。

この100年の間に、UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションが担う責任は徐々に広がっていきました。設立当初はロンドンの初等教育と中等教育の教師の為の教育機関として設立されましたが、1932年に国内外の教育に与える貢献の広まりを反映して大学になりました。20世紀の後半には優秀な教師を排出する教育機関としての地位を確立し、教育に関する研究を行う、他にない機関として発展していきました。

UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションの歴史において、始めの100年間は、教育を尊重するという役割が主でしたが、イギリス全土の素質ある教師に向けて安定したサービスを提供することで、ロンドンの子供達や学校に対する責任を担う立場へと、その役割は広がっていきました。国際的な役割も広まり、現在では80を超える国々からやってきた学生達が、UCL インスティチュート・オブ・エデュケーションで学んでいます。

トップヘ戻る